年間60000円の節約に
Filed under: IT

激安SIMに切り替えると、どのくらい安くなるかと言うと、

私の場合、ソフトバンクのiphoneを使っていますが、月額は1万円程度です。携帯機種を分割払いにしてるので、機種代を差し引くと、7000円を支払ってることになります。データ通信料は、2GBで収まるので、激安スマートフォン会社のプランから計算すると、月額2000円以下になる計算です。月額7000円が2000円になるということは、年間60000円の節約に!良い時代になったものです。激安SIMへの変更は、激安SIMサービス事業者を選び、申し込みます。自宅にSIMカードが郵送されるので、届いたSIMカードを携帯電話に装着し、簡単な設定をしたら設定完了。今の携帯料金の半額以下になるので、激安SIMは今とても人気です。料金が安いので、電波が悪かったり使い勝手が悪いんじゃないかと心配するかもしれませんが、その心配は無用です。なぜなら、激安SIMを提供する事業者は、携帯大手三社の回線を借りてるため、大手三社がカバーする通信エリアであれば、どこでも繋がるというわけです。携帯料金を今の半額以下にしたいなら、激安SIMは本当にお得です。携帯電話の基本料を安く済ませたいのなら、激安SIMがおすすめです!激安SIMとは、ソフトバンクやdocomoなどの大手通信会社ではなく、OCNなどのプロバイダ会社などが提供しているサービスは、携帯大手3社よりも安くインターネットや音声通話機能が利用できるため、「激安SIM」と呼ばれています。激安スマートフォンを、選ぶキーポイントとして、電波状況の安定度と低価格があげられますが、料金設定を見ればわかりますが、どこの激安スマートフォンも似たような低価格設定になっています。通信回線は、docomoなどの大手携帯会社の回線を借りてるため、大手携帯会社が繋がるエリアでは、激安スマートフォンも繋がります。そのことから、どこの激安スマートフォンでも繋がりやすいし低価格というわけです。電波状況が同じで、価格帯もさほど変わりがないのなら、何を基準に激安スマートフォンを選べば良いかと言うと、キャッシュバックや食事割引クーポンなどの付加価値をつけて他社との差別化をはかってる業者を選ぶのもポイントの一つです。激安SIMで、一番人気なのがDMM。一番の特徴は、低価格と通信の安定度。業界最安値に挑戦!と公言してるだけあり、他社よりも低価格。通信回線はドコモの回線なので、電波状況はドコモとまったく同じです。dmm simってどうよ?

@ 4:04 PM